FC2ブログ

ビンさんの銀幕音楽堂・第958回(2020年7月4日放送分) 



20200704銀幕音楽堂














【放送日:2020年7月4日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2020年7月8日(水)PM6:00オンエア】

・シネマサンシャイン大和郡山 リザーブシート
奈良県は大和郡山市にありますシネマコンプレックス、シネマサンシャイン大和郡山さんで上映される映画の情報、イベントの情報などなど紹介。

『ランボー ラスト・ブラッド』ostより「ランボー ラスト・ブラッド」(co:ブライアン・タイラー)

『ドラゴン危機一発』ostより「鋼鉄の男」(vo:マイク・レメディオス)
『ドラゴン怒りの鉄拳』ostより「メインテーマ」(vo:マイク・レメディオス)
『ドラゴンへの道』ostより「メインテーマ」(vo:メイク・レメディオス)
『死亡遊戯』ostより「メイン・タイトル」(co:ジョン・バリー)

『風の谷のナウシカ』ostより「ナウシカ・レクイエム」(co:久石譲)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

本来ならば、月末週にお送りしています「シネマサンシャイン大和郡山 リザーブシート」ですが、先週は特別企画をお送りいたしました関係から、一週ずれての放送になりますことをまずご了承くださいませ。

その代わりと言っちゃなんですが(笑)、今回のリザーブシート、ご覧のようにかなりHOT! な内容になっています。

まずは先週末より公開始まりました、『ランボー ラスト・ブラッド』。
いよいよシリーズ最終作、かどうかは実際にご覧になって確かめていただくとして、このスライの熱い演技とブライアン・タイラーの熱いスコアの後には、いよいよ7月3日より公開が始まった『ブルース・リー 4Kリマスター映画祭 2020』の特集だ!!

いやぁ、僕自身子供の時に胸を熱くしたヒーローの雄姿が、4Kリマスターで帰ってきます!!
これ、当初は5月に近畿では大阪の映画館くらいでしか上映されなかった企画だったのですが、コロナの件で延期になり、その延期になった穴埋めなのかなんなのか(笑)、この奈良でも、しかもシネマサンシャイン大和郡山さんでも上映されるのは、無上の喜びであります!!

番組ではマイク・レメディオスの歌声と、ジョン・バリーのスコアを一気にお送りいたします。
嗚呼、この上映会、大成功してほしいなぁ・・・。

そしてどん尻に控えしは、ある意味僕の「封印を解いた」企画というかなんというか、『風の谷のナウシカ』を取り上げます。
かねてよりアンチ宮崎駿を公言しておりました僕としては、そのきっかけになったのがこの『~ナウシカ』でありまして(笑)、番組では取り上げることは無いだろう(過去に一度だけ取り上げたことはありますけど)、と思ってはいたのですが、ご存知の通り現在、シネマサンシャイン大和郡山さんでの、ジブリ作品のリバイバル上映が行われています。

僕は『~ナウシカ』はTV放映で観たのみだったので、これはいい機会! ということで、観に行ってまいりました。
そのあたりのことは番組内でたっぷり語っていますので割愛させていただきますが、まぁ、いい映画なんじゃないですか(笑)

今回もメールBOXのコーナーはお送りできませんでしたが、次回はいただいてるメッセージ、リクエストにお応えさせていただく予定でありますので、しばしお待ちを。

ってなわけで、今回もご用とお急ぎでない方は、ぜひお聴きあれ!!


ビンさんの銀幕音楽堂・第957回(2020年6月27日放送分) 



20200627銀幕音楽堂














【放送日:2020年6月27日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2020年7月1日(水)PM6:00オンエア】

・特別企画:『テイクオーバーゾーン』山嵜晋平監督を迎えて

☆現在公開中の『テイクオーバーゾーン』の監督、山嵜晋平氏にお越しいただき、映画について語っていただきました!!

『エド・ウッド』ostより「エド・ウッド」(co:ハワード・ショア)

・銀幕音楽堂メールボックス
番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。

『明日に向かって撃て!』ostより「雨にぬれても」(vo:B.J.トーマス)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

奈良市出身の監督が、奈良で撮影を行った公開中の映画『テイクオーバーゾーン』、もうご覧になったでしょうか?

僕自身、大絶賛した作品であることは、前回20分も延々喋り倒した(笑)のでご存知かと思いますが、なんとなんとありがたいことに、その『テイクオーバーゾーン』を監督された山嵜晋平氏直々にスタジオにお越しいただくことが実現いたしました!!

とにかく、当番組にゲストにお越しいただくこと自体、もう何年振りだろう?
ずっと一人で収録を続けていた身(あ、昨年はことみんというアシスタントがいたわけですけど(笑))としては、とても嬉しいことでありまして、お越しいただくまでドキドキしていた(笑)のですが、山嵜監督はとても気さくな方でありまして、本作についてあれこれお話しいただきました。

本作についてはいわゆる劇場パンフレットが販売されてないので、今回の監督のお話は映画をご覧になった方、これから観ようという方いずれにも興味深い内容になっているんじゃないか、と思います。

結局、前回の20分を超える30分間、お声を頂戴いたしましたが、当然、僕のツッコミもあちこちに入っているのはご愛嬌、もとい、ご了承くださいませ(笑)

オンエア以外でも、いろいろとお話しいただきまして、僕自身とっても収録が楽しかったです。
あまりに楽しかったものですから、肝心の監督にサインをいただくことをすっかり忘れていたり(苦笑)、これまた肝心の映画に流れたいた音楽面について、まったく触れてなかったのが後悔することしきり。
そのあたりはリスナーさんに対して、どうもすみませんでした、というしかありません。

ただ、その男前なお写真は撮らせていただきましたけれど(笑)
20200627銀幕音楽堂2
また、一応「映画音楽番組」(笑)でありますので、事前に監督がお好きな作品を幾つか挙げていただいておりました。
その中でサントラが用意できる作品、ということでティム・バートン監督の『エド・ウッド』(94)を取り上げました。

他にも極々個人的に嬉しいことに『ブルーベルベット』(86)も挙げていただいておりました。
『ブルーベルベット』は、いまのところ僕の生涯ベスト1の作品でもあり、以前には「シネマニアック・アワー」のコーナーでこれまた延々喋ったこともありますので、今回は割愛(笑)
ただ、山嵜監督とデイヴィッド・リンチについてもお話しできたのは、嬉しかったなぁ・・・(あ、オンエアには乗ってません、あしからず)。

マイクを2本使っての収録で、声の音量のレベルが両者で多少の差(僕の声の方が小さい)があって、なんとか編集で聴こえやすくはしているつもりですが、実際のオンエアでどのように聴こえるか、もし聴こえづらいようでしたら、Youtubeにも音声をアップいたしますので、そこはよしなによろしくお願いいたします。


続いて、メールボックスのコーナーではリクエストいただいてました、『明日に向かって撃て!』から「雨にぬれても」を。
『ソイレント・グリーン』にもリクエストいただいてましたが、時間の関係で次回以降にお送りすることをご了承ください。

また、本来月末週はシネマサンシャイン大和郡山リザーブシートをお送りするところですが、臨時企画ということもあり、次回お送りいたします。
シネマサンシャイン大和郡山さんも、7月にはこれは絶対番組で取り上げねば!! という企画が待っています。
そのあたりについては次回、たっぷりとお送りする予定です。


ってなわけで、今回もご用とお急ぎでない方は、ぜひお聴きあれ!!


ビンさんの銀幕音楽堂・第956回(2020年6月20日放送分) 



20200620銀幕音楽堂














【放送日:2020年6月20日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2020年6月24日(水)PM6:00オンエア】

・ニューシネマ・サウンド

☆イオンシネマ西大和さんにて公開中の『テイクオーバーゾーン』の紹介。

『ストーリー・オブ・マイライフ  わたしの若草物語』ostより「ブック」(co:アレクサンドル・デスプラ)
『ハリエット』ostより「スタンド・アップ」(vo:シンシア・エリヴォ)

・銀幕音楽堂メールボックス
番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

前回、「イオンシネマみてみて探訪記」のコーナーで取り上げました、6月12日より上映はじまっています、『テイクオーバーゾーン』ですが、実際に13日に観てまいりました!
とにかく、その内容にいたく感動いたしまして、先週に引き続き、今回も続いて取り上げさせていただきました。

番組でも言ってますが、やっぱり映画は実際に観て喋らなきゃダメだ! ってことを痛感した次第。
前回は手元にある資料だけで、知ったかのように喋ってましたが(なんせ、ヒロインのことを女子高生、なんて言ってましたもんね・・・)、観ると観ないじゃ大違い。

そもそも、うちの番組って、映画を観て喋る、というのがポリシーだったわけで、そんな当初の思いをあらためて噛みしめるいい機会を与えていただきました。

ということで、今回は『テイクオーバーゾーン』について、延々20分、喋り倒しています(笑)
実際、喋りながら何度もこみ上げるものがあって、後半、涙声になってしまってますが、そこんところは、

「ああ、ビンさんってとっても人間味あふれる素敵なお方」

とでも思っていただければ、幸いでございます。
間違っても、

「きっしょ~~~」

なんて思わないように!!(笑)

あ、それと、『テイクオーバーゾ-ン』の紹介部分について、番組でお送りできるような楽曲について、映画製作スタッフ様に問い合わせいたしましたが、残念ながら音源としては用意できませんでした。
今回のMCのBGMには代わりに某映画のスコアを使っておりますが、あくまでイメージとしての使用になります。
実際、本編には印象的なソング・ナンバーも幾つか流れてきますが、そこは劇場で映画をご覧いただきながらご確認いただければ、と思います。

ほんとに『テイクオーバーゾーン』、とっても素敵な映画に仕上がっています。
19日からはユナイテッドシネマ橿原さんでも上映始まります。
是非是非、ご覧いただきたい逸品でございます!!

あと、番組では『ストーリー・オブ・マイライフ~』の、今年のアカデミー賞作曲賞にノミネートされた、アレクサンドル・デスプラの流麗なスコアと、同じくアカデミー賞歌曲賞にノミネートされた『ハリエット』の主題歌、シンシア・エリヴォによる「スタンド・アップ」をお送りしますので、併せてお楽しみください。

番組の最後では「銀幕音楽堂メールボックス」のコーナーをお送りしています。
今回、幾つかリクエスト曲をいただきました! ありがとうございます!!
収録番組ゆえ、メールを送っていただいてから実際に番組で取り上げたものをオンエアするとなると、2週先くらいになってしまいますことをご了承ください。

このブログからでも、また、ツイッターからでも、番組宛のメッセージ、リクエスト、お送りいただいても全然構いませんので、よろしくお願いいたします。

ってなわけで、今回もご用とお急ぎでない方は、ぜひお聴きあれ!!


ビンさんの銀幕音楽堂・第955回(2020年6月13日放送分) 



20200613銀幕音楽堂












【放送日:2020年6月13日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2020年6月17日(水)PM6:00オンエア】

・イオンシネマ西大和 みてみて探訪記
奈良県は河合町にありますシネマコンプレックス、イオンシネマ西大和さんで上映される映画の情報、イベントの情報などなどを紹介。

『ブラッドショット』ostより「Ray Garrison」(co:スティーヴ・ジャブロンスキー)


・銀幕音楽堂メールボックス
番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。
『小さいおうち』ostより「小さいおうち」(co:久石譲)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

月の2週目はFMハイホーのすぐ近くにあるシネマコンプレックス、イオンシネマ西大和さんに特化した、「イオンシネマ西大和 みてみて探訪記」をお送りいたします。

ってことで、めでたくイオンシネマ西大和さんも営業再開ということで、すでに何度も足を運ばせていただいております。
番組のコーナーとしては数カ月ぶりになります。

奈良県内のシネマコンプレックスもそれぞれに趣向を凝らしたプログラムをされていて、イオンシネマ西大和さんにおいても、当然次々と新作の公開延期等々もあって旧作の上映もされています。
その中でも、イオンシネマ西大和さんでは、独自の作品の公開、とりわけ全国のイオンシネマのみの公開作品というのもあって、上映予定に何が挙がってくるのか、けっこう楽しみにしていたりします。

そんななか、今回取り上げるのはハリウッドのヴィンさん(笑)こと、ヴィン・ディーゼル主演のSFアクション、『ブラッドショット』を。
これ、ポスター・ビジュアル等を観ていると、B級感漂って来る感じなんですが、実際の作品は超一級のエンターテインメント作品に仕上がっており、けっこう拾い物。
こういうジャンル・ムービーのお好きな向きには、大スクリーンでの本作は必見ですよ。

そして、もう一本強力プッシュしたいのが、奈良出身の監督による奈良でロケが敢行された『テイクオーバーゾーン』。
ただ、番組収録時点ではまだ本作未見の状態であれこれ紹介しているのが悩ましい(笑)
実際に作品はどうだったのか、という話は次回の番組で詳しく取り上げる予定です。
それでも、奈良の監督が奈良で映画を撮っている、というだけでも嬉しいじゃないですか。

あ、そうそう、忘れちゃならないのが、イオンシネマ西大和さんでの新型コロナウィルス拡散防止対策をどのようにしてらっしゃるか、これはコーナーの冒頭でけっこう時間を割いて取り上げていますので、そこはしっかりお聴きいただきたく思います。

続いて、番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介する「銀幕音楽堂メールボックス」のコーナーを。
リクエストでいただいたのは、久石譲氏による『小さいおうち』から、エンディングに流れたタイトル同名曲を。

ってなわけで、今回もご用とお急ぎでない方は、ぜひお聴きあれ!!


ビンさんの銀幕音楽堂・第954回(2020年6月6日放送分) 



20200606銀幕音楽堂














【放送日:2020年6月6日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2020年6月10日(水)PM6:00オンエア】

・ニューシネマ・サウンド

『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』ostより「HOPE」(co:イワン・ブルヤエフ 他)
『CURED キュアード』ostより「エンド・クレジット」(co:ロリー・フリヤーズ&ナイル・ケネディ)

・シネマニアック・アワー

『エーゲ海に捧ぐ』ostより「エーゲ海に捧ぐ」(co:エンニオ・モリコーネ)
『エーゲ海に捧ぐ』ostより「馬に乗る牝馬」(co:エンニオ・モリコーネ)
『エーゲ海に捧ぐ』ostより「エーゲ海のリーザ」(co:エンニオ・モリコーネ)

「エーゲ海のリーザ」(vo:久木田美弥)

・銀幕音楽堂メールボックス
番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

ようやく日本全国、緊急事態宣言が解除になり、日本全国の映画館も再開となりました。
ただ、これで新型コロナウィルスが無くなったわけではありません。
映画館側も、いずれも新型コロナ対策でぞれぞれに苦慮・考慮されています。

映画を観る僕らは、それに従う他ない。
でも、従うことで映画を楽しめるなら、僕は何でも従います。
僕はそういうスタンスです。
でも、多くの映画ファンはそうなんじゃないでしょうか。

僕も奈良県内、大阪市内の幾つかの映画館へすでに訪れています。
映画館は再開されたけど、正直前のような活気はあまり感じられません。
でも、これは慣れるしかないと思います。
決定的なワクチンが開発されるまでは、こういう状況で映画を鑑賞するスタイル、これに慣れなきゃならないと思います。
慣れる、守ることで映画館で映画を鑑賞できるなら。


さて、今回の銀幕音楽堂、前半はニューシネマサウンドのコーナーを。
前回、長々と喋った挙句、肝心のサントラを持ってくるのを忘れてしまった、県内ではシネマサンシャイン大和郡山さんで公開中の『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』、今回はちゃんと持参しております。
その中から迫力の1曲を。

そして、6月2週目のオンエアで復活いたします、イオンシネマ西大和さんに特化したコーナーの前哨戦、ということで、イオンシネマ西大和さんで奈良県内独占上映となっている『CURED キュアード』のスコアを取り上げてみました。
この作品については番組内で喋っていますが、この時期だからこそ是非見てほしい、「ゾンビ・パンデミック物」の秀作です。

続いて、久しぶりにお送りいたします、「シネマニアック・アワー」のコーナー。
1本の映画をマニアックに取り上げるこのコーナー、季節をちょいと先取りなのかなんなのか、よくわかんないです(笑)けど、『エーゲ海に捧ぐ』(79)を総力特集。
というのも、先ほどボーナストラックが多数追加されたサントラCDがリリースされましたので、これは取り上げねば!と。
モリコーネの官能スコアの傑作である本作から、代表的な3曲をピックアップ。
さらに、その中の1曲、「エーゲ海にリーザ」に、原作者池田満寿夫氏自らが作詞、当時のアイドル歌手、久木田美弥が爽やかに歌い上げる、その名もズバリ「エーゲ海のリーザ」を堪能いただきます。
これ、なんで当時ヒットしなかったんだろう、というくらいの傑作ナンバーになっていますよ。

そして、番組宛にいただいたお便り紹介の銀幕音楽堂メールBOXのコーナーは、前回同様最後の方にチョコっとだけ。
今回もお便り、楽しませていただきました!

ってなわけで、今回もご用とお急ぎでない方は、ぜひお聴きあれ!!