FC2ブログ

■『恐怖』■(映画) 


キョウフ
【公式サイト】はコチラ!

なんでも、脳の側頭葉と前頭葉の境目には「シルビウス裂」という溝があるそうで、そこを刺激すると本来見えないものが見えてしまうらしい。
そんな実験が実際に行われたというのも、ほげぇ~~~ってなものですが、それをテーマにしたのが本作。


かつて、太平洋戦争中に日本軍が占拠していた満州にて、その「シルビウス裂」をいじくる実験が行われていた。
その記録フィルムを見てしまった脳神経外科医の悦子(片平なぎさ)とその夫。

悦子は、
「ぜひぜひ私もあんな実験をやってみたひ!」
と興奮。

やがてフィルムからは妖しく白い光が放たれ、その光の向こうにあるものこそ被験者にしか見えない「何か」であることを悦子は確信するが、あとうことか一部始終を幼い娘みゆきとかおりも見てしまったのであった。
(夫婦でエ●ビデオをこっそり見ているのを、娘に目撃されたようなもんですな)

それから17年後・・・。

みゆき(中村ゆり)はそのフィルムを見て以来、死ぬことばかりを考えてしまう。
父はすでに自殺して他界している。
みゆきは面識のない若い男女たちとともに、ワゴン車でもって練炭による一酸化炭素中毒による自殺を図る。
が、気がついたみゆきは、自分たちがとある医療施設に監禁されていることを知る。
その施設こそ、17年前に記録フィルムを観て以来、「シルビウス裂」をいじくる実験に取り付かれてしまった悦子のおそるべき実験室なのだった。
悦子は娘であるみゆきと思わぬ再会を果たすも、躊躇することもなく娘の頭蓋骨を剥がしては、実験を行うのであった。

結果、みゆきは「普通の人には見えないものが見え」てしまう。

数日後、みゆきは同じ施設に監禁されている集団自殺のメンバーだった理恵子を連れて施設を脱走する。
一方、みゆきの妹かおり(藤井美菜)は、突如として行方不明になった姉みゆきの行方を追う。
やがて、姉の失踪は母親に関連があることを知るや、かおりは母悦子のもとを訪れる。
が、悦子はかおりをも自分の実験材料として利用しようとするのだった。
果たして、この壊れてしまった母娘の未来や如何に・・・。

ってなお話。
続きを読む