FC2ブログ

■『ミッション:8ミニッツ』■(映画) 


ミッション8ミニッツ
【公式サイトはコチラ!】

イギリスの映画監督ダンカン・ジョーンズの長編デビュー作『月に囚われた男』(09)は、その斬新な内容にただただ圧倒させられたSF映画の佳作でした。

月面基地でたった一人で仕事をこなす主人公に巻き起こる奇妙な出来事・・・。

低予算でもアイデアひとつで面白い映画が作れるということを実証したわけで、すごい監督が出てきたなぁと思ったものです。

続く本作『ミッション8ミニッツ』でも彼の実力はいかんなく発揮されており、映像作家としての才能というかセンスをまたもや堪能させていただくことになりました。
デイヴィッド・ボウイ・ジュニアという経歴は、彼にとってプラスでもあるだろうし、逆に足枷にもなるでしょうけれど、その才能を目の当たりにするや父親が誰であろうと関係ないよなぁ、でも、その才能はアーティストとしての父親のDNAを引き継いだ結果なのかなぁ、などと本作を観終わってそんな下世話なことも思ったりしたわけですけれど。


とある組織によって、列車爆破事故が発生する8分前にその乗客の一人の意識の中に入り込み、爆破テロリスト犯を割り出す使命を帯びた主人公コルター(ジェイク・ギレンホール)。
あと一歩のところで犯人が割り出せそうになるところで、あえなく列車は大爆発してしまいます。

その度に、コルターは狭い施設の操作室のなかで目覚めるのです。
映画の最初の方では状況が理解できないコルターですが、彼に指令を出す女性担当官グッドウィン(ヴェラ・ファーミガ)とのやりとりのなかで、次第に自分の立場を理解していくのですが、

「犯人はわかったぁ?」
「わっかりません」
「ほな、もういっぺん行ってきなはれっ!」

ってなことで、コルターは何度も同じ8分間を繰り返すことになります。

そんな中で、列車に同席した女性(ミシェル・モナハン)に好意を抱きつつ、コルターは任務を遂行するでありました。
続きを読む