FC2ブログ

ビンさんの銀幕音楽堂・第921回(2019年10月19日放送分) 



20191019銀幕音楽堂














【放送日:2019年10月19日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2019年10月23日(水)PM6:00オンエア】

・銀幕アラカルト:有楽町スバル座閉館

『ベン・ハー』ostより「オーヴァーチュア」(co:ロージャ・ミクローシュ)
『イージーライダー』ostより「ワイルドで行こう」(vo:ステッペンウルフ)
『クレイマー、クレイマー』ostより「マンドリン、弦楽とハープシコードのための協奏曲ハ長調より第1楽章」(co:ヴィヴァルディ)
『駅馬車』ostより「駅馬車のテーマ」(co:リチャード・ヘイジマン)

・ニューシネマ・サウンド

『かぞくわり』より「額縁」(vo:花*花)

以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

今回の銀幕音楽堂、まずは一つのテーマをもとに、いろんな映画音楽を聴いていただきます「銀幕アラカルト」から。
今月20日を持ちまして、75年という長い歴史に幕を下ろす、東京は有楽町にあります「有楽町スバル座」の特集を。

7年ほど東京で暮らしていた中でも、何度か訪れた劇場(その地下のラーメン屋はそれ以上に通ったものですが)で、その思い出を盛り込みつつ、この劇場で観た作品、そして現在特別上映されている作品のサウンドトラックの中から、幾つか取り上げてみました。

なぜ、奈良県のFM番組で東京の映画館のことを取り上げるのか、といいますと、この後に紹介いたします『かぞくわり』に関連してくるのです。

ということで、先月末に続いて、再び取り上げますのが、10月25日よりシネマサンシャイン大和郡山さんで上映されます『かぞくわり』。

大和郡山市出身の塩崎祥平監督の最新作であり、今年1月に上映されて以降、関西、東京(この東京での上映劇場が、先に紹介しました有楽町スバル座だったのです)、そして再び関西で上映され、いよいよ監督の出身地にありますシネマサンシャイン大和郡山さんで「凱旋上映」されることになりました。

すでにシネマサンシャイン大和郡山さんがあります、イオンモール大和郡山には特設ブースも設けられ、あとは上映を待つところでありますが、最新情報として22日には監督のトークショーも開催されるとのことです。

番組では、作品の紹介と25日、27日の両日に開催されます舞台挨拶に件等々、案内するとともに、花*花による主題歌「額縁」もお送りいたします。
僕自身、1月に既に作品は鑑賞済みですが、今回のシネマサンシャイン大和郡山さんでの上映で、再度鑑賞しようと思っています。

ってなわけで、今回もご用とお急ぎでない方は、ぜひお聴きあれ!!