FC2ブログ

ビンさんの銀幕音楽堂・第952回(2020年5月23日放送分) 



20200523銀幕音楽堂














【放送日:2020年5月23日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2020年5月27日(水)PM6:00オンエア】

・お家でシネマ!

『火の鳥』ostより「火の鳥のテーマ」(co:ミシェル・ルグラン)
『火の鳥』ostより「ヤマタイ国のテーマ」(co:深町純)
「火の鳥」(vo:松崎しげる)

・銀幕音楽堂メールボックス
番組宛にいただいた、お便りを紹介。

『スケバン刑事』ostより「スケバン刑事の逆襲」(co:新田一郎)
『スケバン刑事』ostより「楽園のDoor」(vo:南野陽子)


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

この収録をした5月17日(日)、収録を終えてスマホを覗いたら、奈良県内のシネマコンプレックスでシネマサンシャイン大和郡山さんが、劇場再開のニュース一番乗りで飛び込んでました。
番組収録後だったので、これ、収録中にわかっていたら何らかのコメントを放り込めたのですが、事情が事情でもあり、収録し直しはしておりません。
なので、23日(土)のオンエアでは、まだ奈良県内のシネマコンプレックス、この収録時点ではまだ再開されていません、を連呼しております(苦笑)
こういうところが、生放送ではなく収録番組の辛いところでありまして、まぁ、番組を聴いてくださっている方々は、そんなことご理解いただけていることと存じます。

ってことで、とにかくめでたくも奈良県内のシネマコンプレックス、シネマサンシャイン大和郡山さんをはじめ、すべてのシアターが再開することになりました。
ただ、新作の公開が延期になっているので、ぞれぞれに独自のラインナップになっているのもご存知の通り。
次回は月末週でもありますので、当番組としてはシネマサンシャイン大和郡山さんの情報をたっぷりお送りいたしますので、よろしくお願いいたします。

さて、今回のオンエア、まだ県内のシネコンが再開されていない状況という体で収録しておりまして、まずは「お家でシネマ!」のコーナーから。

手塚治虫のライフワーク、「火の鳥」から黎明編を、市川崑監督の手で実写映画化された『火の鳥』(78)を今回取り上げています。
この作品、かつてビデオソフトがリリースされたっきりで、その後DVDにもBlu-rayにもなっていない、しかし、なぜか配信なら鑑賞できるという、まさに「お家でシネマ!」な1本。
僕も公開当時、劇場へ観に行ったもので、そのあたりのお話しなどを盛り込みながら、3年前にCD化されたサントラより、ミシェル・ルグランが作曲したテーマ曲、深町純が作曲したスコア、そして松崎しげるによるイメージ・ソングをお送りします。
CDには松崎しげるのほかに、ハイファイ・セット、サーカスによるカヴァー・ソングも収録されていますが、時間の都合で割愛しました。

あ、そうそう、この番組オンエア前日に、とある映画情報サイトでも、この『火の鳥』のことが取り上げられていて、なんだかうちの番組が二番煎じみたいですんごく印象悪いんですけど(苦笑)、ま、自分の名誉のために収録したのは、先にも書いたように17日だったということ自分の名誉のためにも書いておきますね。

続いて、メールボックスのコーナーでは、リスナーさんからアイドル映画について、話題を振っていただきました。
僕にとってもアイドル映画って何だろうな、と考えてみたら、まぁ、いろいろ答えはあるんですけど、番組の後半は延々そんな話をしています(笑)

で、取り上げている『スケバン刑事』なんですが、それが一つの回答でもあるのですが、じつは最近、東映の社長に就任された手塚治氏、『火の鳥』の手塚治虫と読みはまったく一緒(笑)なんですが、東映の社長さんは「虫」が無くって手塚治。
その手塚氏は、かつて『スケバン刑事』のプロデューサーを担当されていたのです。
今回、番組上のネタの一つとして、この音源を用意していましたら、偶然にもアイドル映画の話題を振ってもらったので、これには僕も番組を収録していて、あまりの偶然(たまたまなんですけどね)に思わず声を上げてしまったのでした。

南野陽子の話題では、他のリスナーさんからのメールも、これまた思わぬ偶然が重なっていて、とにかく今回の番組後半、面白いことになっていますよ(笑)

ということで、ようやく次回からは当番組もようやく元の体制に戻れるかな、といったところですが、まずは今回もご用とお急ぎでない方は、ぜひお聴きあれ!!


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.blog.fc2.com/tb.php/751-309ad17e