FC2ブログ

ビンさんの銀幕音楽堂・第954回(2020年6月6日放送分) 



20200606銀幕音楽堂














【放送日:2020年6月6日(土)PM9:00オンエア】
【再放送:2020年6月10日(水)PM6:00オンエア】

・ニューシネマ・サウンド

『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』ostより「HOPE」(co:イワン・ブルヤエフ 他)
『CURED キュアード』ostより「エンド・クレジット」(co:ロリー・フリヤーズ&ナイル・ケネディ)

・シネマニアック・アワー

『エーゲ海に捧ぐ』ostより「エーゲ海に捧ぐ」(co:エンニオ・モリコーネ)
『エーゲ海に捧ぐ』ostより「馬に乗る牝馬」(co:エンニオ・モリコーネ)
『エーゲ海に捧ぐ』ostより「エーゲ海のリーザ」(co:エンニオ・モリコーネ)

「エーゲ海のリーザ」(vo:久木田美弥)

・銀幕音楽堂メールボックス
番組宛にいただいた、メール、FAXを紹介。


以上のラインナップでお送りいたします。


奈良のコミュニティFM、FMハイホー(81.4MHz http://www.fm814.co.jp/)にて、お送りしております1時間の「映画音楽専門番組」です。

放送日:毎週土曜日 PM 9時~10時
再放送日:毎週水曜日 PM 6時~7時 (土曜日放送分の再放送です)

当番組はサイマル・ラジオでも発信しています。
ご自宅のPC、スマートフォンでお聴きいただけます。
上記、サイト内のバナーをクリックしてください。




【裏ばなし的なもの】

ようやく日本全国、緊急事態宣言が解除になり、日本全国の映画館も再開となりました。
ただ、これで新型コロナウィルスが無くなったわけではありません。
映画館側も、いずれも新型コロナ対策でぞれぞれに苦慮・考慮されています。

映画を観る僕らは、それに従う他ない。
でも、従うことで映画を楽しめるなら、僕は何でも従います。
僕はそういうスタンスです。
でも、多くの映画ファンはそうなんじゃないでしょうか。

僕も奈良県内、大阪市内の幾つかの映画館へすでに訪れています。
映画館は再開されたけど、正直前のような活気はあまり感じられません。
でも、これは慣れるしかないと思います。
決定的なワクチンが開発されるまでは、こういう状況で映画を鑑賞するスタイル、これに慣れなきゃならないと思います。
慣れる、守ることで映画館で映画を鑑賞できるなら。


さて、今回の銀幕音楽堂、前半はニューシネマサウンドのコーナーを。
前回、長々と喋った挙句、肝心のサントラを持ってくるのを忘れてしまった、県内ではシネマサンシャイン大和郡山さんで公開中の『T-34 レジェンド・オブ・ウォー』、今回はちゃんと持参しております。
その中から迫力の1曲を。

そして、6月2週目のオンエアで復活いたします、イオンシネマ西大和さんに特化したコーナーの前哨戦、ということで、イオンシネマ西大和さんで奈良県内独占上映となっている『CURED キュアード』のスコアを取り上げてみました。
この作品については番組内で喋っていますが、この時期だからこそ是非見てほしい、「ゾンビ・パンデミック物」の秀作です。

続いて、久しぶりにお送りいたします、「シネマニアック・アワー」のコーナー。
1本の映画をマニアックに取り上げるこのコーナー、季節をちょいと先取りなのかなんなのか、よくわかんないです(笑)けど、『エーゲ海に捧ぐ』(79)を総力特集。
というのも、先ほどボーナストラックが多数追加されたサントラCDがリリースされましたので、これは取り上げねば!と。
モリコーネの官能スコアの傑作である本作から、代表的な3曲をピックアップ。
さらに、その中の1曲、「エーゲ海にリーザ」に、原作者池田満寿夫氏自らが作詞、当時のアイドル歌手、久木田美弥が爽やかに歌い上げる、その名もズバリ「エーゲ海のリーザ」を堪能いただきます。
これ、なんで当時ヒットしなかったんだろう、というくらいの傑作ナンバーになっていますよ。

そして、番組宛にいただいたお便り紹介の銀幕音楽堂メールBOXのコーナーは、前回同様最後の方にチョコっとだけ。
今回もお便り、楽しませていただきました!

ってなわけで、今回もご用とお急ぎでない方は、ぜひお聴きあれ!!


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://binsan67.blog.fc2.com/tb.php/753-16938952